起業を志す30代SEの奮闘記

起業を志す30代SEの奮闘記です。起業するまでのプロセス、起業後の様々なイベント、インシデントを投稿します。

会社を辞める勇気。

最近は、転職業界の様々なスローガンに踊らされる、法定時間を超える過酷な労働時間を強いられることによる過労死になどによって、「会社を辞める勇気」なんて言葉をよく耳にする。

会社を辞めるには勇気がいる。そりゃそうだ、お金もらえなくなっちゃうから。多分5年くらいは確実に倒産しないであろう企業に勤めよう人であれば、なおさらである。でも実は将来的には、今辞めるのと、ずっと会社に残るのは、どっちが幸せかは正直わからない。ず~っと同じことを繰り返すのが好きな人、仕事への比重が低い人などは、より安定を求めるので、大企業にいたら大企業に居続ける方がよいであろう。

私は少年時代からずっと勝負の世界で生きてきたつもりだ。何をやるにも勝ち負けで判断してる。ちなみに私の人生ビックイベントは、1勝2敗のつもりだ。これからも勝負できる環境に身を置くことで、自己欲求が満たされていくのかと思うと、今の会社は退屈である。この後の勝負は、ろくな勝負が待ち受けていないであろう。

そう、会社にいることにも勇気がいる。でも多くの仲間がいるから安心する。勝負に安定もクソもない、勝つか負けるか、それ以上でもそれ以下でもない。私は今、勝負の土俵にすら立っていない気でいる。勝負の土俵は様々なところにあるが、私は起業という割と大きそうな勝負に出たいと思う。

私は常々、一番大事なことは準備だと思っている。起業に向けては最高の準備をしていきたい、そう思う毎日である。