読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業を志す30代SEの奮闘記

起業を志す30代SEの奮闘記です。起業するまでのプロセス、起業後の様々なイベント、インシデントを投稿します。

50代正社員の会社人生の終わり方。50になって岐路に立つより今立つべき。

SE起業

私が起業したいと思ったきっかけのひとつは、会社で働いている年上を見ていて、自分がこうなりたくないと思ったことだ。みなさん、とても人は良い、でもなりたくはない。ちなみに私は常にそのような考えから、10代の頃の自分から見て、かっこ悪くない30代になっているか?ということを常に自分に問いかけている。答えはよくわからないが、最近白髪が増えたことはかなりショックだ。

私の勤める会社では、50前後が非常に多い。いわゆるバブル世代就職組だ。会社を作り上げた自負、実力、経験ともに申し分のない連中であるが、やはり勝ち組と負け組の差は鮮明だ。ちなみに勝ち組だとしても、そうはなりたくない。彼らは、あと10年もすれば、嘱託もしくは退職の道を選択しなければならないが、一体何を考えて過ごしているのだろうか。退職金は、十分にもらえるだろうが、そんなに裕福な金ではない。いわゆる中の下流階級の貯蓄だと思うが…一体彼らは何をしたいのだろうか。

私は30代であるがゆえ、あと十数年のときがあるわけだが、そんなのあっという間に過ぎてしまう。50になって岐路立つのではなく、今こそ立って戦うのがよいのではないだろうか。安定なんて言葉はあるのだろうか。少なくとも、今の50代が30代のときに「安定」を自社に感じていたとは考えにくい。彼らが作り出した安定した企業、彼らとともに成長してきた企業であれば、それは彼らに畳んでもらった方がよいのではないだろうか…つまり弊社はあと15年も経てば、まったく違う会社になっているだろう。その時、今のメンバーと一緒に岐路に立てるのだろうか、、答えは限りなくNoに近い。なぜなら、みんなその準備をしていないからだ。

そんなわけで、後回しにするのが大好きな私が、後回しせず即対応するための起業。しっかり準備しなければ。